MENU

プロミスは契約機なら土日も借りられる

一般的に銀行振り込みによるキャッシングは平日の昼間までですが、プロミスでは契約機を使う手続きなら土日でも借りられます

 

土日にもカードの発行ができるためで、受け取ったカードは備え付けられているところの多いプロミスのATMや、または銀行やコンビニの提携ATMで利用をしてお金が借りられます。

 

カードローンタイプのプロミスのキャッシングは、一度契約をしておくと繰り返し自由に借りられます

 

いつでもどこでも限度額の中なら自由に借りられるので、今後の金欠にもしっかりと対応ができるのがプロミスの大きな魅力となります。

 

限度額内なら繰り返し使える

繰り返しの借り入れの際には再申し込みは不要であり、返済に関するトラブルや他社の借り入れが著しく増えるなどのことがなければ、完済をしても限度額は残るので再び借りられます。

 

利用実績に応じて限度額の増額もあるので、早くに便利に借りられるのがプロミスのカードローンキャッシングの良さと言えるのです。

 

申し込みはネットからが早い

プロミスの申し込みは様々な方法で行えるようになっていますが、最も早い手続きとなるのがネットでの申し込みです。

 

ネットなら自宅にいながら、または外出先でもスマートフォンでもその場で手続きが行え、審査の結果もメールや電話で伝えられるために手間がかかりません。

 

契約の方法は選べる

申し込み後は契約の方法は選べますが、申し込みをネットで行ったからといって契約もWeb契約としなければいけないわけではありません。

 

ネットでの申し込み後に契約機の利用を行っても良いので、急ぎで借りたい方の契約はプロミスの契約コーナーで行うのも一つの方法です。

 

当日中に借りたい場合

契約手続き自体はWebでも契約機でも平日も土日も対応可能時間内なら行えますが、当日中の借り入れとなると対応に差が生じます。

 

特に注意をすべきはWeb契約での初回融資で、来店不要となるWeb契約での借り入れは銀行振り込みとなるために土日などでは対応ができません

 

プロミスでは瞬フリによって三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方なら、24時間最短10秒振り込みで土日でも対応を可能としていますが、口座をお持ちでない方はWeb契約後の振り込み融資を土日に当日中にとはいかないのです。

 

その点、ネットでの申し込み後の契約機での手続きであれば、土日でも、または平日の銀行振り込みでの対応時間外でも、プロミスの最短即日の融資も可能となります。

 

Web契約後の通常の銀行振り込みによる即日融資は、平日14時までの手続きが条件となります。時間を過ぎてしまった場合や、平日以外の銀行休業日の場合には、当日中の振り込み融資の利用ができずに翌営業日扱いとなるので注意が必要です。

 

契約機ならその場でカード発行

プロミスの契約機での手続きであれば、最短でその日のうちにその場でカードが発行されます。

 

受け取ったカードはプロミスのATMだけでなく提携ATMでも利用ができるので、急ぎで借りたいときには大変便利です。

 

ただしカードの発行のためには審査に通過をする必要があります。審査の結果によってはカード発行がNG、つまりプロミスで借りられない可能性もあります。

 

借りられるかは審査を受けてみないと分からないのですが、だからと言って何も考えずに申し込みをすると無駄な手続きに終わるだけなので、以下の点に注意をしてプロミスへの申し込みを行うようにしてください。

 

申し込みはミスなく不備なく

Web上での文字入力となるネットでの申し込みは、どうしても入力内容のミスや不備が生じやすいものです。
申し込み内容にミスや不備があると確認のために審査時間が余計にかかってしまったり、内容によっては審査結果にも悪影響を及ぼす場合があります。

 

安定した収入は必須に

プロミスの利用のためには本人が安定した収入を得ている必要があるので、アルバイトやパートであるとしても、申し込み者本人が安定した収入を得ていなければなりません。
本人が収入を持たない専業主婦の方などはプロミスの利用条件が満たせません

 

借り入れが多すぎる場合は控える

既に多くの他社での借り入れを抱えてしまっている方は、プロミスの審査に通過ができない可能性が高いです。
総量規制で定められている年収の3分の1近くまで借りている、そこまでいかなくとも複数の件数を抱えている方は、申し込みは控えた方が良いです。

 

返済が行えていない場合はNG

多すぎない他社利用であればプロミスでの審査通過の可能性もありますが、たとえ少額であっても返済が正常に行えていないとプロミスの審査には通過ができません。
返済日から遅れている、不足で入金をしているといった場合には、まずは返済を正常に行ってください。

 

多くに申し込みをするのは不利

お金がどうしても必要だからと、プロミスを含めて多くの申し込みを同時期に進めるのは審査で不利になります。
多重申し込みは大手のサービスほど嫌う傾向にあるため、プロミスでも多重申し込みが原因と思われる審査落ちとなるケースも少なくないのです。

 

審査では不利にならないようにする

プロミスで早くに借りるためにはまずは審査に通過をしなければ話にならないため、審査で不利にならないような申し込みを進めなければなりません。

 

入力内容のミスや不備、虚偽内容の入力は審査で不利になる可能性があるため、十分に注意をする必要があります。

 

過去に問題があると難しい

過去に自己破産などの金融事故を起こしている方も審査では大きく不利になります。

 

自己破産や大きな返済の遅れなどの情報は信用情報機関に記録されているので、プロミスでも審査の際に照会を行い、該当するネガティブな情報があれば審査通過が難しくなります。

 

他社での返済遅れも同様で、利用状況に関しても信用情報機関には記録がされているため、直近での他社の返済の遅れなどがあるとプロミスの審査の際にはマイナスとして扱われるようにもなってしまうのです。

 

信用情報機関に記録される情報

信用情報機関はカードローンやクレジットカードの利用履歴だけでなく、申し込みに関する履歴も半年間は残るようになっています。

 

申し込みを重ねれば重ねるだけ履歴が積み重なり、履歴の多さはそのまま審査でのマイナスに繋がりやすいのでどんどんと不利になっていきます。

 

そのため、審査に通る見込みが無いのに審査を受けてしまっても、信用情報機関に余計な履歴を残すだけとなり、今後の審査にも悪影響を与えます。

 

通る見込みがない審査は受けない

プロミスにおいても同様で、通る見込みが薄い状態でプロミスの審査を受けても、今後の審査に対してマイナスになる信用情報機関への申し込み履歴を残すだけとなってしまうのです。

 

審査は受けてみないと分からない、もしかしたら借りられるかもしれないと、他社での借り入れが多い方や返済ができていない方、収入が不安定な方が申し込みを行うことがありますが、審査に落ちてしまうだけでなく余計な履歴を積み重ねてさらに自分自身を借りられない状況に追い込んでしまうだけとなります。

 

信用が第一とも言えるカードローンのサービスにおいては、信用情報機関の情報が重要です。

 

余計な履歴で汚して今後の審査にも悪影響を与えないように、申し込みを行う際には慎重に一つの利用先に絞って手続きを進めるようにしてください。

 

多重申し込みも履歴が短期間で残るため、審査の際には不利になります。同時に申し込みをすればどこかから借りられると考えると大きな不利によって審査落ちとなる場合があるので、基本として多重申し込みも控えるべきなのです。

 

借り入れ後の返済も考える

プロミスでお金を借りたあとは、毎月の返済が必要となります。

 

プロミスでは借り入れの残高に応じて毎月の返済金額が決められており、少額の利用に留めておけば毎月の返済金額も少なくなるために余裕が持てます。

 

限度額がいくらであっても借りる金額が少なければ一回あたりの返済金額も少ないので、毎月の返済が多くできない方、少しずつの無理のないペースで返済を進めたい方は、プロミスのカードローンで利用する金額を少なく抑えておくと安心です。

 

以下がプロミスの借り入れ残高に応じた毎月の返済金額となるので、どの程度の負担で借り入れが利用できるかを確認しておくようにしましょう。

 

借入残高 返済金額
5万円 2,000円
10万円 4,000円
20万円 8,000円
30万円 11,000円
40万円 15,000円
50万円 19,000円

 

プロミスの金利は上限で実質年率17.8%と決して低くはありませんが、毎月の返済金額で見るとプロミスは負担がそこまで大きくはありません

 

金利が低ければ毎月の返済が軽くなる、金利が高ければ毎月の返済金額は大きくなるといったわけではないので、毎月の返済金額を重視して借りるのであれば金利ではなく、一回あたりの約定返済金額を見ておく必要があります。

 

毎月の返済額に注目

低金利とされる銀行カードローンの中には、30万円の借り入れで毎月の返済が1万円ずつとなるところもあります。

 

金利が低い分だけ最終的な返済総額は少なくなりますが、月々に少しずつの返済しかできない方には困ってしまいます。

 

その点でプロミスは借り入れが5万円なら2,000円ずつの返済で良いので、無理のないペースで返済が進められます。

 

10万円を借りたとしても4,000円とやはり無理がないので、毎月の返済を多くしたくない方にもプロミスは適するカードローンとなっています。

 

総支払額にも気を配る

ただし、毎月の最低額だけの返済では完済まで期間を要してしまうため、最終的な利息負担が大きくなります。

 

利息を抑えて無駄なく返済を終えられるように、任意での返済も行いながら効率的に借り入れ残高を減らすようにしてください。

 

カードローンの返済は利息を払い続けても終わらないので、完済をするためには借り入れ残高を効率的に減らす必要があります。毎月の少しずつの返済をベースとしつつ、金額を上乗せして入金をするなどの任意での返済を進めておくとより多くの残高が減らせるようになります。

 

余裕のある返済で限度額の増額も

プロミスでは初回契約時の限度額はそこまで大きくはなりにくく、基本的には少額の限度額に留まります。

 

審査の結果にもよりますが、20万円前後での限度額設定となる場合が多く、大きな金額で借りたかった方には少し足りないと感じることもあります。

 

どうしてもそれ以上にお金が必要、足りない金額なら借りても意味がないのであれば仕方ありませんが、特にそこまでの金額が必要でない場合には、今後の限度額の増額に備えた利用を考えてみるのも悪くはありません。

 

限度額の増額に期待する

初回では大きくなりにくいプロミスの限度額も、利用実績によって今後に増額がされる場合があります。

 

初回は20万円程度だった限度額が30万円や50万円などに増えることがあるので、より大きな金額で便利にプロミスのカードローンが利用できるようになります。

 

限度額を多く持っておけば緊急時にも何かと頼れるようにもなるので、限度額が大きくなったからといって余計な借り入れを重ねるのではなく、困ったときの備えとして大きな限度額を持っておくのは安心ができる点でもあります。

 

増額のためには審査が必要

プロミスの限度額を増額するためには、別途審査が必要となります。

 

増額のための審査では信用情報の確認に加え、それまでのプロミスでの利用状況も重視されます。

 

そのため、プロミスでの利用における返済の遅れ等があると増額審査では不利になってしまうので、今後の増額を考えるなら余裕のある返済で実績を重ねるようにしてください。

 

何も大きな金額で借りる必要はなく、毎月に無理のないペースで返済ができる範囲で借りれば良いのです。

 

自分の中での余裕のある範囲での借り入れに留め、しっかりと返済を進めていくことで今後のプロミスでの限度額が増額されるようにもなるのです。

 

契約後の利用は計画的に

今後の増額を見据えてもそうですが、信用情報を汚さないためにも余計な借り入れは控えるべきです。

 

借りすぎてしまって返済ができなくなればトラブルとなってしまうので、今後のプロミスの利用だけでなく様々な審査に悪影響が出てしまいます。

 

便利なカードローンの落とし穴

カードローンは一度契約をしておけば限度額内で繰り返し借りられるため、大変便利なサービスとなります。

 

その便利さに甘えてしまい、限度額があればあるだけついつい借りてしまう方もいます。

 

大きく借りれば返済の負担も大きくなるので、気が付いたときには支払いが困難になるほどの借り入れを抱えてしまうことすらもあるのです。

 

借り入れは自身でセーブをする

現在の消費者金融からの借り入れは年収の3分の1までと総量規制で決められてはいるものの、年収の3分の1に満たない金額でも返済が負担となる場合があります。

 

収入と支出のバランスによって余裕がある返済のラインは人それぞれ変わるため、自分自身が無理なく返済ができる範囲で、計画的にカードローンを利用するようにしましょう。

 

よく考えて余裕のある返済で借りるのであれば、銀行振り込みやATMで素早く借りられるプロミスのカードローンは暮らしに役立つ便利なサービスとなるのです。

 

プロミス
プロミスの特徴

ネット申し込みで最短即日融資も可能で、銀行振り込みなら平日14時までWeb契約を完了させると当日中の借り入れにも対応ができるようになります。時間外の場合には契約機を利用すれば、その日のうちのカード発行も可能となります。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
早い借り入れのために

Web契約でも契約機でのカード発行でも、ネットでの申し込みから手続きを始めると契約までの時間を短縮できます。