MENU

下限金利は現実的ではない

カードローンは金利が上限と下限で大きく開きがあり、プロミスでも金利を見ると実質年率4.5%~17.8%と下限と上限で4倍近い開きがあります。借りた後の返済負担を考えると金利は低い方が良いのは言うまでもありませんが、だからといって返済の計画を下限金利で立ててしまうのはよくありません。

 

仮にプロミスでのカードローンを利用するとして、下限金利の4.5%で返済計画を立ててしまうと、実際に借りる際の金利が17.8%となると返済の計画に狂いが生じてしまいます。元々に考えていたよりも大きな返済負担となってしまうため、思ったような余裕のある返済が行えなくなるのです。

 

なるべくなら借りる前に立てた返済計画の通りに完済まで進めたいものなので、希望を織り交ぜた下限金利での借り入れを考えるのではなく、現実的な範囲となる上限金利での借り入れとして考えておくと良いでしょう。

 

基本的には上限金利の適用

プロミスを含む消費者金融での借り入れの場合には、基本的に初回は上限金利での契約となります。プロミスであれば17.8%の金利で、他の借り入れ先で上限金利が18.0%となっているところなら18.0%の金利が適用されます。

 

100万円を超える契約となると金利は上限でも15.0%まで下がりますが、消費者金融で初回にいきなり100万円を超える限度額で借りるのは難しいです。基本は少額での契約となるため、上限金利の適用となる場合が多いのです。

 

ただ、銀行でのカードローン利用となると少し話は変わります。銀行では限度額ごとに金利が段階的に決められている場合が多いので、借りる金額によって上限金利も変動します。そこまで大きな金額でなくても全体としての上限金利よりも低い金利で借りられる場合があるので、銀行で借りる際には借り入れ希望額に応じた上限金利を見ておく必要があります。

 

契約後の金利の低下も可能

契約後、一定期間の利用実績や利用内容によっては、限度額の増額や金利の引き下げも可能となります。17.8%の金利が一桁台まで下がるような大幅な金利低下はまずありませんが、17.8%で借りていた契約が15.0%に引き下げられるなど、多少の金利低下であれば十分に可能となります。

 

金利の低下は自動的に適用がされるものではなく、多くは申請によって検討がされます。限度額の増額などとあわせて金利の低下も申請をするため、契約後の半年間の利用実績など一つの目安となる期間を利用した際には、限度額の増額と金利の低下について相談をしてみるのも良いでしょう。

 

どちらも店舗まで行かずともコールセンターへの電話でも相談ができるので、金利が高い、限度額が小さいと感じる方は、しっかりとした返済を一定期間は進めた上で相談を行うようにしてください。

 

怪しいところには注意が必要

現在の金利上限は10万円までの借り入れで20.0%、10万円から100万円までで18.0%、100万円超で15.0%となっています。これらの金利を超えての貸し付けは違法となっているので、高い金利での契約を迫るところがあれば違法業者となります。

 

金利が明確になっていないところにも注意が必要で、プロミスのように信頼ができる借り入れ先であれば安心ですが、よく分からないところから借りてしまうと法外な利息を請求されたり、厳しい取り立てを受けたりと様々な被害に遭う可能性があります。

 

プロミスをはじめとする大手で借りるのであれば問題はありませんが、それ以外のところでのキャッシングサービスを利用する際には、金利を必ず確認するようにしてください。金利を明かしていない、返済がよく分からないといったところは、どんなところであっても借りるべきではないのです。