MENU

審査で必要となる在籍確認

どのカードローンを利用するとしても、審査の際には在籍確認が必要となります。在籍確認とは申し込み時に入力した勤務先に勤めているかを確認する手続きとなり、多くは直接電話をかけて確認を行います。

 

プロミスでも在籍確認は基本的に電話で行っていますが、本人以外にはプロミス名は出さずに担当者の個人名としています。プライバシーは守ってくれるので、在籍確認の電話でプロミスの利用がばれてしまうのではないかと不安に感じる方も安心です。

 

ただ、個人名での会社宛の連絡になるため、電話を受けた方に多少の不信感を抱かれる可能性はあります。その場合にはカードの確認などと言っておくのがスムーズとなるので、聞かれた場合には下手な言い訳はせずにクレジットカードなどのカードの審査や確認の電話と言っておけば良いでしょう。

 

在籍確認の流れ

プロミスの在籍確認はネットでの申し込みや審査が終わった後、本人確認と合わせて行われます。勤務先にプロミスの担当者が個人名で直接電話をかけ、申し込み者本人に電話を繋いでもらうように連絡を入れます。

 

大雑把には「○○と申しますが、□□さんはいらっしゃいますか?」といった内容で、申し込み者本人に電話が繋げられるとそこで初めてプロミスの在籍確認であるといったことが伝えられます。

 

外出中や公休などで電話を繋げない場合でも、在籍確認は完了します。例えば上記のようにプロミスの担当者が電話をかけた際に、「ただいま□□は席を外しております」といった返答が得られれば、今はその場にはいなくても勤務先に在籍していると明らかになるので問題はありません。公休に関しても同様で、在籍確認では基本的には必ずしも電話に出なければならないわけではないのです。

 

ただし、申し込み内容や審査の結果によっては、直接の電話連絡が必要となる場合も可能性としてはありえます。そのあたりも含め、在籍確認の不明点等があれば早い段階で問い合わせて確認をしておくと良いでしょう。

 

在籍確認が取れない場合

派遣会社などでよくあるケースですが、プロミスの担当者が電話をかけても在籍確認が取れない場合があります。個人へ電話がつなげず、さらに在籍をしているかも答えられないといった場合には在籍確認が行えません。

 

また、週末や時間外などで勤務先が閉まっている、休業となっている場合も同様です。電話をかけても誰も出ない、アナウンスしか流れないといった状況ではプロミスによる在籍確認が行えないので、カードローン契約の手続きが進まなくなってしまいます。

 

在籍確認無しで契約は行えないので、どのような理由であっても在籍確認が完了しない場合には手続きが終えられないのです。

 

要望等があればまずは連絡を

上記のように時間や曜日によって勤務先が電話での対応ができそうもない、電話の内容が気になる、在籍確認についての何らかの質問や要望等があるといった場合には、とにかく早めに連絡をして相談をしておきましょう。

 

対応ができるかは申し込み内容や審査の状況によっても変わるために何とも言えませんが、プロミスでは申し込み後すぐに電話をかけて相談を行うと、在籍確認に関する要望等聞いてもらえる場合があります。

 

在籍確認をしないでほしいといった要望はさすがに受けられませんが、何らかの希望内容があれば伝えるだけ伝えてみると良いでしょう。希望内容に少しでも近付けられればプロミスでのカードローンも安心して手続きが進められるようになるので、基本は担当者の個人名での電話ではありますが、相談をするだけしておくのも良いのです。